フロントガラスの交換

フロントガラスのヒビでガラス交換時に注意したいこと

飛び石などが当たってフロントガラスにひびが入ってしまうことがあります。でもそんな時に、すぐにフロントガラスの交換をしなければならないとあきらめてしまうのはもったいないです。ガラスの交換を考える前に、もう一度できてしまったひびが直るかどうかを確認してみます。ガラスのひび割れ部分にレジンという樹脂を浸透させて硬化させることによってひびがそれ以上大きくなってしまうことを防ぐことができます。

ただしこのウィンドーリペアという方法は完全に跡形もなくひびの部分を消すことができるわけではありません。最も大きなメリットは施工費が安価で完全ではないにしても、ひびがそれ以上大きくなるのを防ぐ効果が期待できるうえ、通常なら車検の際に不合格になるフロントガラスのひびもリペアしてある場合には問題なく車検に合格する場合が多いという点です。

ただしウインドリペアのデメリットは、補修痕が必ず残ってしまうという点です。修復してすぐのころにはきれいに仕上がっていてほとんど傷がわからない場合でも、時間の経過とともに補修部分のレジンが劣化して変色してゆくことで、だんだんと目立ち始めるようになります。ひびの伸びを留めるという効果は見た目が変わっても有効なので、見た目よりも安心感を重視したいと考える人には向いている方法です。自動車のフロントガラスの傷は、まだ小さい内に補修することで、傷がそれ以上大きくなるのを防ぐことができるので、傷ができてしまったら放置したりせず、まずは一度専門業者に相談するのがおすすめです。でも傷の状態によっては硝子の交換しか方法がないケースももちろんあります。そんな時には自動車のガラス専門業者に相談してみるようにします。

最近ではインターネットなどでもガラス取替えのトータル価格がひどく安く設定されているところを見かけます。けれども、いくら金額がトータルで安く仕上がったとしても、後から修理する必要が出てしまっては元も子もありません。フロントガラスの交換でとても重要になるのが接着剤です。施工価格を下げるためには安価で品質の良くない接着剤を使用してしまう場合があります。

確かにトータルコストは抑えられ、一見するとガラスも新しくなってそのほうが良いようにも感じられますが、品質の良くない安い接着剤を使用して施工していることが原因で、雨漏りが起こってしまったり、万が一走行中にガラスが外れてしまうなどの可能性もゼロではありません。ガラスの交換を格安で行う場合、どんな接着剤を使用するかきちんと確認しておくのがおすすめです。

最新記事

  • アパートのガラス修理での注意点 アパートはほとんどの物件でバス、トイレが個別に付いています。またそれに伴って窓 …

    アパートガラス修理